なぜ「エタノール製造を沖縄振興の目玉に」?

カテゴリー: レポートorエッセー
投稿日:

今朝の『読売新聞』(06年5月13日付)は「エタノール製造を沖縄振興の目玉に 小泉首相が指示」という見出しで、下記の記事を掲載しています(要約)。

 

 

小泉首相は12日夜、額賀防衛長官、二階経済産業相らと会談し、沖縄振興策の新たな柱の一つとして、県特産のサトウキビを使ったエタノール製造を国としても支援するよう、両閣僚に指示した。
二階氏の提案に応えたもので、新しいエネルギー開発の拠点とするのが狙い。

 

 

しかし、なんでまた、このタイミングで、エタノール製造なんだろう?……と腕組みをしているうちに、ふと私の脳裏をよぎったのは、『沖縄タイムス』の正月号(06年1月1日付)に載っていたインタビュー記事でした(要約)。

 

 

――一昨年から地球環境に優しい燃料開発に取り組んでいますね。
「サトウキビの廃糖蜜からバイオエタノールをつくる開発実験を宮古島市内で行っており、順調に進んでいます。並行して、ガソリンにエタノール3%をブレンドして走行させる実験も、宮古支店の車輌などを使って行っています。試算すると、沖縄の全廃糖蜜を使ってできるバイオエタノールの総量は、ガソリン消費量の23%に当たります。仮に沖縄の全車両のガソリンに3%混ぜることができれば、二酸化炭素削減に役立ち、基幹作物であるサトウキビの付加価値に寄与することになります」

 

 

インタビューに答えているのは、「りゅうせき」の太田守明社長。

 

「りゅうせき」は、県内でエタノール開発に力を入れている企業のひとつで、稲嶺恵一知事が社長を務めていた会社です。

 

偶然、でしょうね。



関連記事
    None Found