「洋蘭博」会場に若者たちの情熱

カテゴリー: フレモニ・ネタ(~07年4月5日)…終了
投稿日:

さて、先週末……土曜日の午後、ラジオ沖縄は、本部の海洋博公園から「出前放送」(中継放送)を行いましたけれども、私も同じ時刻に、海洋博会場におりました。

 

私は、熱帯ドリームセンターで開催中の「沖縄国際洋蘭博覧会」の仕事でお邪魔していたんですが……。

 

この洋蘭博は、1万2000点ものハイレベルの蘭が国内外から集められた国内最大規模のイベントです。毎年行われておりまして、今回で21回目を数えます。お客様も、国内外からいらしています。

 

その展示のなかで、「ぜひ、リスナーの皆さんに足を運んでいただきたいなぁ」と思った併設コーナーがありましたので、ご紹介させてください。

 

さて、悦子さん(ラジオ沖縄・屋良悦子アナウンサー)。野生蘭……という言葉を聞いたことがあると思うんですが……。ナゴランなどが、有名ですね。

 

日本には、野生蘭が、およそ270種あるそうです。

 

そのうち、沖縄にはなんと、およそ120種もあるんだそうです。

 

つまり、国土の1%といわれている沖縄に、およそ半分近くの、日本の野生蘭が自生しているんですよ。

 

沖縄はそれだけ自然が豊かだ……という見方もできるんですが、現状は、そんな呑気なことを言っていられないんですね。

 

沖縄の野生蘭のうち、9割が絶滅の危機にあるんです。乱獲と、乱開発のためです。

 

で、ここからが私、今回、感動したところなんですが……。

 

そんな危機的な現状のなかで、沖縄の野生蘭をなんとか守らなくては!……と頑張っている人たちがいます。

 

そのなかに、高校生たちがいるんですよ!

 

中部農林高校の園芸科学科・植物バイオ専攻の生徒さんたちと、北部農林高校の園芸工学科・生物工学コースの生徒さんたちがそれぞれ、種からの増殖によって、絶滅の危機を脱しようという取り組みをしているんです。

 

で、今回の洋蘭博では、初めて「沖縄の野生蘭展」を併設しまして、彼らの研究成果が初公開されています。

 

いうまでもないことですが、野生蘭には、地球が誕生して以来育まれてきた貴重な遺伝子がぎっしり、詰め込まれています。その「遺伝子の宝庫」「地球の財産」をなんとかして守ろうと立ち上がっている若者たちがいるんですね!

 

展示を拝見して、半端ではないんです、取り組みが!……私は感動しました。

 

もちろん、両校の取り組みに対して、熱帯ドリームセンターの研究者・スタッフたちが、もろもろの協力をしております。その協力関係が培われてきたからこそ、今回の「沖縄の野生蘭展」につながったということです。

 

ぜひ、洋蘭博へお出かけになって、若者たちの取り組みに触れていただきたいと思います。

 

洋蘭博ではその併設展のほかに、1月に新品種登録された蘭が、華々しく展示されています。

 

デンドロビウムという種類の蘭なんですが、世界登録された、その名前は、「アイ・ミヤザト」。

 

パステル調の色合で、優しい感じといいましょうか、和む感じの〈ちゅら蘭〉でした。

 

日本ハムのキャンプ見学や、カンヒザクラの花見と併せて、洋蘭博に、お出かけになってみてはいかがでしょうか。来週の連休・12日まで開催しています。

 

*07年2月5日のラジオ沖縄「フレッシュモーニング」で放送。

 

*写真は、1月に新品種登録された「アイ・ミヤザト」。クリックすると拡大します。チュラカーギーの蘭です。



関連記事
    None Found