読むビタミン剤・第2錠 「港川人」発見者の意外な素顔

カテゴリー: 沖縄発奮物語~ビタミンO!kinawa
投稿日:

1968年8月29日付の『毎日新聞』に、かなり緊迫したプラハの街の写真が載りました。

 

ホテルの上階から撮影したもので、突然侵入してきたソ連軍の戦車に市民たちが群がっています。罵声を浴びせたり、投石を試みるなど、まさに、一触即発の雰囲気が伝わってきます。キャプションは「ソ連軍戦車にプラハ市民の怒り」。

 

この出来事は、ワルシャワ条約機構軍20万人が、自由化・民主化の兆しを見せていたチェコスロバキアに武力介入した「チェコ事件」です。

 

実は、この掲載写真、ボディに「メイド・イン・リュウキュウ」と記されたオートマチック・コンパクトカメラ「NEWPAX」で撮影されました。

 

その証拠は、カメラマンからの手紙です。そこには「あなたからいただいたカメラで撮り、『毎日新聞』に載った写真です」と記され、ぐっと引き延ばした同じ写真が添えられてあります。

 

手紙をもらった人物は、沖縄で、「NEWPAX」を製造販売していた故・大山盛保さん。そのカメラは、大山さんが経営していた会社で、1963年から、1台10~12ドルで発売していました。

 

戦後まもない頃の大山さんの口癖は、「戦争で、沖縄はなにもかもなくなってしまった。なんとかして、元気づけなければ!」でした。

 

それがやがて、「沖縄で、産業を興さなくてはいけない!」という実業家としての口癖と、「沖縄は、どこの国にも負けぬ古い歴史があるのだ!」という考古学研究者としての口癖に変わりました。

 

大山さんは、1912(大正1)年生まれ。中城村の出身です。10代で、父親とともにカナダへ移住し、太平洋戦争勃発と同時に財産をすべて没収され、日系収容所に連行されました。戦後まもなく沖縄へ帰り、アメリカ軍が基地化を推し進めていく焼け野原を眺めながら、拳を固めました。

 

そして、自分の英語力を生かし、通訳を皮切りに、沖縄住宅公社の初代総支配人にまで就きました。

 

総支配人時代の仕事ぶりを象徴する、こんなエピソードがあります。

 

アメリカ軍司令部から、「新しい居住区の地名を付けよ」という命令が下り、大山さんは、戦前の地名である「山下」を提案しました。すると、司令部は、「ノー、ヤマシタ!」と、烈火の如く激怒しました。シンガポール攻略で有名な日本軍の司令官・山下奉文を想起させてしまったのです。そればかりではありません。「アイゼンハワーはどうか?」「マッカーサーがいいかな」などと、一方的に地名を決める気配を見せました。

 

いくらなんでも!……と危惧した大山さんは、とっさに「黒船のペリーではいかがですか?」と提案し、「問題はない」と了解を得たそうです。

 

ペリー提督の艦隊は、浦賀より先に琉球へやって来ているので、沖縄とは関わりがあります。上陸地点こそ、山下ではなく泊でしたが、大山さんは、アメリカ軍人の名前がつけられそうになるのを避けるために、高い妥協点を、瞬間的に模索したのでした。

 

大山さんは、このようなスタンスでうるさい司令部に対応し、一人でも多くのウチナーンチュに「住まい」を提供しようと努めたのです。

 

大山さんはその後、起業し、沖縄初のガソリンスタンドをオープンさせました。やがて、コンパクトカメラの製造にまで乗り出し、そのボディに刻んだ「メイド・イン・リュウキュウ」に「沖縄だって、このくらい造れるんだぞ!」という気概を込めました。

 

その一方で、考古学の調査・研究にも没頭しました。

 

そして、1968年、具志頭村港川の石切場で、日本中の考古学者たちを驚愕させる歴史的な発掘をしたのです。それは、およそ1万8000年前のホモサピエンス「港川人」の人骨でした。

 

学会は、「旧石器時代の容姿を、体型から顔立ちにいたるまで具体的に説明できる、日本で初めて出土した化石人骨」と、現在も高く評価しています。

 

大山さんは、この「港川人」の発見で、琉球・沖縄史が、決して浅いものではなく、世界に誇れるほど悠久の歳月を刻んでいたことを実証してみせたのでした。

 

大山さんの遺族は、こんな述懐をしています。

 

「父はよく、『欲を持つな。持ったぶんだけ、大事なものをなくすぞ。損得を考えるな』と言っていました」

 

大山さんが、焼け野原の郷土を眺めながら握りしめた拳のなかには、欲得のない使命感が宿っていたようです。
(了)

 

*『ビタミンO!kinawa』のシーズンⅠ(全10話)は、『沖縄発奮物語』です。薩摩侵入(慶長の役)、琉球処分、沖縄戦、27年間に及ぶ米軍統治時代などの「苦境」に立ち向かってきたウチナーンチュ(沖縄人)の志と底力をご紹介します。

 

*弊社ホームページは故障のため、写真データを掲載できなくなってしまいました。文字データのみの発信が当分続きます。しばらくお待ち下さい。 _(_^_)_

 

◆サイト内の文章・画像等は、すべて無断転載を禁じます。



関連記事