読むビタミン剤・第4錠 八月十五夜のゴッドファーザー

カテゴリー: 沖縄発奮物語~ビタミンO!kinawa
投稿日:

映画館内の照明が、ゆっくり落とされていきます。すっかり闇に包まれると、古い映画が映し出されました。

 

1956年制作のアメリカ映画です。

 

銀幕に、ぬーっと現れたのは、ウチナーンチュの青年。洋服ではなく、労働者風情の安っぽい着物を着ています。

 

どうやら、時代と舞台は、太平洋戦争直後の沖縄のようです。

 

その青年は、館内の観客に向かって、人なつこい笑顔を向けながら、こんな話を始めます。

 

「沖縄の歴史には、征服者たちの歴史があるんだよ。14世紀には中国の海賊に征服された。16世紀にはイギリスの宣教師に。18世紀には日本の大名にね。そして、20世紀は、アメリカさぁ!
沖縄はよ、ラッキーな島さぁ!……こっちからわざわざ出掛けていかなくっても、向こうから、文化がやってくるよ。お陰で、いろんなこと、たくさんのことが分かったよ。
人間は、苦労しながら物事を考える。よく考えると、知恵がつく。知恵がつくと、命を大切にするよ。
ウチナーンチュは、征服者に教育されることを望み、やがて、意見を主張することを望み、ついには、互いの意見の違いをはっきりさせようと望む。ふふふふ……。そりゃあ、辛いこともあるさぁね。だけど、賢さは、人生を支えてくれる。
さぁ、皆さん。これから、ウチナーンチュが、デモクラシーとやらをアメリカから受け入れる、同化作用の素晴らしいお手本をお目に掛けましょう!」

 

こうして、映画『八月十五夜の茶屋』(ダニエル・マン監督)は始まります。

 

ウチナーンチュの青年は、進駐軍の通訳で、なんと、マーロン・ブランドが演じています。いうまでもなく、ブランドは、『ゴッドファーザー』『地獄の黙示録』などで主演を務めた名優中の名優です。

 

映画は、民主主義を教える任務を受けた大尉が、ある村へ派遣されるところから始まります。

 

ところが、この大尉、通訳の青年や村人たちによって逆にまるめこまれ、いつのまにか、〈お茶屋〉をつくらされたり、泡盛の製造も認めてしまう……という「ミイラ取りがミイラになる」展開になっていきます。

 

この映画に登場する〈お茶屋〉と、京マチ子が演じた「ゲイシャ」は、モデルが存在します。那覇市辻の料亭「松乃下」と、その経営者だった故・上原栄子さんです。

 

上原さんは、4歳のときにモッコで担がれて辻遊郭に売られてきました。以来、行儀作法や芸事を徹底的に仕込まれ、昭和19年まで尾類(じゅり)として暮らしました。

 

尾類とは、遊女のことです。しかし、辻遊郭には、他府県の遊郭とは明らかに異なる独特の文化や風習がありました。

 

上原さんが、知られざる辻(チージ)の世界を内側から紹介した自伝『辻の華~くるわのおんなたち』を刊行したときは、大きな反響を呼んだものです。

 

上原さんは生前、『八月十五夜の茶屋』について、こんな感想を述べています。

 

「この映画はね、沖縄の人間が忘れかけている〈したたかさ〉というか、良い意味での〈力強さ〉に溢れているの。じめじめしたイメージがない。そこがいいのよ!」

 

果たして、名優マーロン・ブランドが軽妙に演じたウチナーンチュの青年を、皆さんがご覧になるチャンスは巡ってくるでしょうか。

 

映画のエピローグで、その青年は、満足そうな笑みを浮かべながら、再び映画館内の観客に向かって語り掛けます。

 

「この物語は、これで、おしまい。でも、世界の歴史は、まだ終わってないよ。
みなさん、おうちに帰ったら、よーく考えてみてください。最初に真実だったことが、まだ真実だ、ということを。
苦労が、人間を考えさせてくれる。考えたら、人間は、賢くなるよ。賢くなれば、この世の苦労をがまんできる。
それでは、みなさん、お別れです。八月十五夜に、ぐっすり眠れますように……」
(了)

 

*『ビタミンO!kinawa』のシーズンⅠ(全10話)は、『沖縄発奮物語』です。薩摩侵入(慶長の役)、琉球処分、沖縄戦、27年間に及ぶ米軍統治時代などの「苦境」に立ち向かってきたウチナーンチュ(沖縄人)の志と底力をご紹介します。

*弊社ホームページは故障のため、写真データを掲載できなくなってしまいました。文字データのみの発信が当分続きます。しばらくお待ち下さい。 _(_^_)_

◆サイト内の文章・画像等は、すべて無断転載を禁じます。



関連記事