読むビタミン剤・第7錠 素性を隠していたウルトラマン

カテゴリー: 沖縄発奮物語~ビタミンO!kinawa
投稿日:

沖縄の古い港町には、必ずといってよいほど見事なフクギ並木があります。

 

フクギは、肉厚の丸い葉を、体中に密集させています。これでもか!……というくらいです。この木が防風・防火に優れ、黄色の染料にもなるために、ウチナーンチュはいつしか、福を招く木(フクギ)と尊称するようになりました。原産地がフィリピンであることから、「古琉球」時代に繰り広げた「大交易」の名残りだともいわれます。

 

そのフクギ並木から、ぴょこんと一匹、妙な怪物が飛び出してきました。

 

二本足です。

 

全身、フクギの葉がくっ着いているので、飛び出してこなければ、並木に怪物が潜んでいたとは、だれも気づきません。

 

――宮古島のパーントゥ?……いや、八重山のアカマタ・クロマタかな?

 

よく観察してみると、なんと、ピグモンではありませんか。

 

「おまえ、金チャンのことを考えていたナ?」

 

ピグモンは、こちらへ、テレパシーで言葉を送ってきました。

 

金チャンとは、沖縄出身のシナリオライター・金城哲夫のことです。

 

金城は、『ウルトラQ』全28話のうち13話、『ウルトラマン』全39話のうち15話、『ウルトラセブン』全49話のうち15話の脚本(共作も含む)を担当し、それも、各シリーズとも、第1話と最終話をほとんど手掛けています。まさに『ウルトラ・シリーズ』の生みの親でした。

 

金城は、本土復帰前の1969年に突然、シナリオライターとして順風満帆な東京暮らしを捨て、故郷の沖縄へ帰ってきました。

 

「金チャンは、こう言ってたナ。そのまま東京にとどまっていれば、本土復帰運動のバスに乗り遅れてしまう。ボクは、ウチナーンチュとして、自分の目で返還に至る動きを見つめたかったんだ、と。
帰ってきてから、金チャンはずーっと、東京での活躍を人に話さなかった。金チャンはナ、もう『怪獣作家』じゃなく、『直木賞作家』なんて呼ばれるようになりたかったんだヨ。ウルトラマンを卒業して、沖縄を舞台にした、みんながビックリするような映画やドラマや小説を創りたかったんだ。
だから、当時のウチナーンチュはサ、ウルトラマンのことは知ってても、突然ラジオに現れた男が何者か、ほとんど知らなかったんだヨ」

 

ピグモンは、そこで、テレパシーの発信を休み、大きな目で、こちらの様子をしばらく見守りました。

 

「そうなんだナ。金チャンは、沖縄に帰ってきてから、ラジオ・キャスターの仕事をしてた。おしゃべりが上手だから、たちまち人気者になったんだ。
だが、だんだん、沖縄はこうあるべき!……と、あまりにも正直に思いを吐露するようになっていった。自衛隊の沖縄配備を認めるようなコメントとかナ。それで、とうとう、番組の営業担当から、アンタは政治的に過激すぎる!……っていうクレームがつき、結局、降番する羽目になってしまったんだ。
いま思えば、ストレスが、溜まりに溜まっていたんだヨ。
金チャンを苛立たせたのは、一部のリスナーや営業担当からの批判ばかりじゃなかった。沖縄を舞台にした金チャンの作品の反応が、期待したほど、良くなかったんだヨ。その頃の沖縄は、金チャンのセンスにまだついていけなかったんだナ。
沖縄の、演劇界の馴れ合い体質にも、ずいぶん不満を募らせてた。沖縄芝居の脚本を書いてあげてもギャラを支払わないし、稽古を始めようとしても、役者がちゃんと集まってない。リハーサルをやろうにも、道具がそろわない……。
苛立ちはどんどん、飲む酒の量に比例していったんだヨ。ついには、酒に、依存するようになってしまった」

 

ピグモンは、大きな口からため息を吐きました。

 

「オレが、金チャンの死を聞いたとき、自殺しちゃったかナ、と思ったヨ。真相は、酔っぱらって、書斎がある二階から足を滑らせ、転落してしまったようだが……」

 

ピグモンは、いつのまにか、大きな目に、涙をいっぱい溜めています。

 

「でもなぁ……。金チャンは、そんな辛い時期に、すっごい仕事をしたんだゾ。沖縄海洋博の閉会式の演出サ!
式典の最後は、エキスポ旗、日章旗、沖縄県旗が、音楽にあわせて一緒に降ろされていくはずだった。
ところが、沖縄県旗だけが、なぜか、降ろされないわけサ。それこそ、金チャンの演出!
観衆は、変だぞ?……と初めは思い、やがて、気づくわけサ、沖縄県旗が毅然として降りるのを拒み、式場に独り、はためきながら残っている理由を!
本土復帰を果たした沖縄県の旗が、『自分たちはこれから、自立を目指して頑張るぞ!』って宣言してるんだ!……ってナ。
金チャンほど、ふるさと沖縄に、深い愛情を注いでいたヤツはいない。金チャンが創った、オレたち怪獣が一番よく知っている。
おまえなら、もしかしたら、分かってくれるかナ?……と思って、話し掛けてみた」

 

ピグモンは、そこまで言うと、身を翻して、フクギ並木へ消えました。

 

目をいくら擦っても、フクギの枝葉ばかりで、怪物の姿はみつかりません。

 

白昼夢を見てしまったのでしょうか。

 

いやいや、そうではありません。ピグモンの立っていた所が濡れています。跳ねた途端にこぼれた、大粒の涙です。
(了)

 

*『ビタミンO!kinawa』のシーズンⅠ(全10話)は、『沖縄発奮物語』です。薩摩侵入(慶長の役)、琉球処分、沖縄戦、27年間に及ぶ米軍統治時代などの「苦境」に立ち向かってきたウチナーンチュ(沖縄人)の志と底力をご紹介します。

 

*弊社ホームページは故障のため、写真データを掲載できなくなってしまいました。文字データのみの発信が当分続きます。しばらくお待ち下さい。 _(_^_)_

 

◆サイト内の文章・画像等は、すべて無断転載を禁じます。



関連記事