読むビタミン剤・第8錠 上杉謙信の「義」、沖縄でも

カテゴリー: 沖縄発奮物語~ビタミンO!kinawa
投稿日:

今回の主人公は、明治時代のヤマトゥンチュです。

 

歴史の虫眼鏡を、1881年5月から83年3月までの日本に当ててみますと、政界に、大きな地殻変動が起きています。

 

世に言う「明治14年の政変」です。自由民権運動の盛り上がりを背景に「10年後に国会を開設する」という勅旨が出て、自由党、立憲改進党が誕生。伊藤博文が、欽定憲法の研究のためにヨーロッパへ渡っています。

 

そのまま虫眼鏡をずらして、まったく同じ時期の沖縄を覗いてみますと、ヤマト(本土)から赴任してきた県令(県知事)が、自分を任命した明治政府に対して、過激な上申をしています。

 

「沖縄県の農民は、悲惨な暮らしをしている。彼らの家はたいてい2、3間角(にさんげんかく)の小屋で、四方の壁は茅と竹でできており、軒(のき)は地面からようやく3、4尺の高さで、ほとんど床というものがない。家族6~7人が、豚や山羊と一緒に住まい、蚊や虻(あぶ)に刺されるまま、芋を食って暮らしている。
着物も粗末で、雨に濡れ、日にさらされ、履き物もなく、家にひきこもって、ときたま泡盛を飲むのを最高の楽しみにしている。
彼らは字も読めず、めいめいの負担する税額すら知らない。ただ村役人の言うがままに銭や米・粟を納めているにすぎない。
こんな惨めな生活をしていて、自分の惨めさを知らない。どうして沖縄の人々だけが、こんなに不幸になっているのか!」

 

まるで腕まくりをして挑んでくるかのような県令の上申を受けて、明治政府は大いに慌てました。まさに、飼い犬に手を噛まれたからです。

 

当時、日本と清国との関係は最悪の状態に差し掛かっていました。

 

もし、ウチナーンチュが清国と結んで王政復古の暴動でも起こしたら、日本は、南方進出への拠点を失いかねませんでした。

 

そこで、明治政府は、琉球王国の支配者層だった人々の特権を、王国時代とほぼ同様に認めてやり、いわば手懐けたのです。歴史学者は、その懐柔策を「旧慣温存政策」と呼んでいます。

 

しかし、王国時代に支配者層ではなかった大半のウチナーンチュは、たまったものではありませんでした。あいかわらず、貧困を極めた暮らしを続けなければならないのですから。

 

沖縄県令の上申は、明治政府にとって、危険な提言に映りました。

 

もし、その提言通りに政治の舵を取ったら、旧支配者層の特権を取り上げることになります。そうなれば、せっかく手懐けた彼らが、離反してしまうにちがいありません。

 

ところで、明治政府を震撼させた沖縄県令は、上杉茂憲(もちのり)という、米沢藩最後の藩主だった人物です。

 

歴史ファンなら、「上杉」の2文字を見て、もしや!……と、ときめいたのではないでしょうか。

 

2009年のNHK大河ドラマは、上杉謙信が理念として掲げた「義」をテーマにした『天地人』でした。そのドラマで、主人公の直江兼続が仕えた上杉景勝から数えますと、茂憲は、13代あとの直系にあたります。

 

上杉県令は着任後、離島を含め、県内各地を巡回視察し、重税と貧困にあえいでいる農民、大きな屋敷を構えて倉をいっぱいにしている地方役人、農民を不当に搾取している地方吏員(沖縄県に派遣された国家公務員)の実態を目撃しました。

 

そして、上杉県令は、沖縄県には近代化に向けた改革が早急に必要である!……と決断し、明治政府に直接、地方吏員の削減と、「旧慣温存政策」の速やかな改革を上申したのです。

 

しかし、明治政府は、「そんなことを言わせるために、アンタを2代沖縄県令に任命したんじゃない!」とばかりに上杉県令を解任し、改革案を次々に潰してしまいました。

 

上杉県令は、2年に満たない在任期間でしたが、県政改革ばかりでなく、将来に向けた人材育成にも手をつけました。「県費留学生」の東京派遣です。

 

のちに、留学生たちは、各業界の中心人物や自由民権運動の先駆者となって、おおいに活躍をしました。例えば、「沖縄銀行」や「琉球新報」の創業者、沖縄初の衆議院議員は、彼らのなかにいます。

 

上杉茂憲は、県令を辞して沖縄を去るときも、多額の教育資金を沖縄県へ寄付し、見送るウチナーンチュを唸らせました。

 

ここまで記せば、大河ドラマをご覧になった皆さんは、次の言葉にうなずいてくださると思います。

 

――上杉家は、沖縄でも、上杉の「義」をかたくなに貫いたのである。
(了)

 

*『ビタミンO!kinawa』のシーズンⅠ(全10話)は、『沖縄発奮物語』です。薩摩侵入(慶長の役)、琉球処分、沖縄戦、27年間に及ぶ米軍統治時代などの「苦境」に立ち向かってきたウチナーンチュ(沖縄人)の志と底力をご紹介します。

 

*弊社ホームページは故障のため、写真データを掲載できなくなってしまいました。文字データのみの発信が当分続きます。しばらくお待ち下さい。 _(_^_)_

 

◆サイト内の文章・画像等は、すべて無断転載を禁じます。



関連記事