ジャーナリスト渡久地明氏がブログで

カテゴリー: お知らせ
投稿日:

沖縄観光の現状をユニークな視点で分析し、鋭い提言を重ねているジャーナリスト・渡久地明氏が、自身のブログ『渡久地明の時事解説~沖縄から世界を見る』で、わたしのHPを紹介してくれました。

 

2010年2月28日付のテーマは『観光の回復策』。「昨年12月に『会報・那覇法人会』のインタビューを受けたが、その全文がPDFでインタビュアーの鈴木孝史さんのHPに出ていた。雑談のつもりだったが、骨を拾いだし、最近のわたしの考えを簡潔にまとめてあって、おすすめ」と、書き出しています。

 

そして、次のような付記も。

 

「……なお、その記事中で、2010年の県の観光客目標は630万人に再チャレンジするのではないかと述べたが、県は、
(1)09年の目標だった630万人への再チャレンジ(09年度比10.5%増)
(2)既往ピーク08年度とほぼ同じ600万人(09年度比5.3%増)
(3)09年並みの570万人(09年度比プラスマイナスゼロ)
の3案を検討している。
2月9日に県が関連業界との意見交換会を開いたところ、600万人が大勢を占めた。さすがに09年より10%増の630万人は一人もいなかった。また、10年は一層景気が悪くなるとして現状の570万人を推す人もいた。決定は3月に入ってからとなる」

 

渡久地明さんのブログをご覧になりたい方は、下記の【関連リンクはこちら】をぜひ、クリックしてください。
沖縄観光ばかりでなく、米軍基地問題、景気回復策などについてオリジナリティー溢れる情報を提供してくれています。
沖縄在住のジャーナリストのブログでは、最もアクセス数が多いのではないでしょうか。

 

なお、渡久地さんを取材したわたしの記事は、左の「プロフィール」をクリックしてください。
「◆インタビュー記事の執筆(インタビュアー)」の部分に、「入域観光客数の回復は積極財政政策にかかっている」という見出しのPDFが貼り付けてあります。
関連リンクはこちら >>> クリック!!



関連記事
    None Found