読むビタミン剤・第10錠 ビルマのコメを沖縄へ(「シーズンⅠ」最終話)

カテゴリー: 沖縄発奮物語~ビタミンO!kinawa
投稿日:

沖縄を訪れた人から、

 

「沖縄で食べるおコメって、美味しいね!」

 

という声こそまだ、聞こえてきませんが、

 

「沖縄で食べるおコメは、味がどうもねぇ……」

 

という感想は、すっかり過去のものになりました。

 

今は昔……の話ですが、沖縄を訪れる観光客や転勤族の間に、「沖縄はコメが旨くない!」という定評がかつてあったのです。

 

1950年から54年に掛けて沖縄で出回っていたコメは、大半がビルマ米。現在のミャンマーのコメが主流でした。59、60年頃に生まれた現在50歳以上のウチナーンチュは、スペイン米、フランス米、イタリア米、エジプト米、アルゼンチン米、ブラジル米なども口にしていました。

 

その背景は、沖縄が米軍の統治下に置かれていたからです。

 

加えて、本土復帰を1972年に果たした後も、日本政府が、沖縄県内で消費するコメについては、時間を掛けて段階的に他府県と同等にしていく政策をとった……という事情があります。

 

その政策は、流通制度面や価格面で、日本の食糧管理法下へ直ちに合流するにはあまりに無理がある……という理由からでした。

 

現在の沖縄では、他府県とまったく同様に、美味しいコメを自分の好みで購入できます。しかし、終戦からおよそ40年間、沖縄だけは、他府県と異なるコメ事情があったのです。

 

そんな戦後沖縄のコメ事情を振り返るとき、主人公として必ず登場すべきなのが、『沖縄食糧』という沖縄史上極めてユニークな企業です。

 

その「極めてユニークな企業」の原点は、沖縄諮詢会でした。

 

沖縄諮詢会は、USCAR(ユースカー=米国民政府=沖縄統治のための米国政府の出先機関)ができるまで、〈進駐軍による政府〉とでも言うべき米軍政府(沖縄における米国陸軍・海軍の軍政府)とウチナーンチュとの架け橋になった重要な機関でした。

 

初代の委員長は、志喜屋孝信。初代の沖縄県知事になった人物です。

 

沖縄諮詢会は、高圧的な米軍政府に対し、意思の疎通を図りながら高い妥協点を懸命に模索し、自分たちの食糧についても果敢にリクエストしたのでした。

 

当時、米軍政府による食糧の配給基準は、なんとカロリー制でした。

 

カロリー……といってもウチナーンチュには馴染みがありません。ご飯を食べたいのにカロリーに準じて粉ミルクなどが配給されても、気持ちも胃袋も満たされるはずはありません。

 

そのうえ、配給がひどく不安定でした。ウチナーンチュはひもじい思いを余儀なくされ、「ヤミ」が氾濫しました。

 

そこで、沖縄諮詢会は、米軍政府に対して、「わたしたちはコメが食べたいのです!自分たちでコメをなんとか手に入れますから、どうか理解してほしい!」と、粘り強く交渉したのです。

 

その結果、米軍政府もついに、行政機関の代わりに食糧米の輸入・保管・販売業務を行う代行組織の設立を了承しました。

 

ところが、米軍政府が認めたのは、食糧公団だろう……とみていた沖縄諮詢会の予想に反して、株式会社だったのです。

 

1950年12月に、その株式会社『沖縄食糧』の創立総会が開かれました。

 

席上、社長の竹内和三郎(1907年、那覇市西本町生まれ)は、次のように挨拶しています。

 

「わが社は、株式組織による営利会社ということではあるが、他の一般の営利会社と異なり、食生活における面で、民衆の福祉に重大な責任を持つ公益性を持つ会社である」

 

創立したものの、資本金だけではとうてい運営できる状況にありませんでした。事業が公益性を持つだけに米軍政府の援助が必要でした。しかし、どういうわけか米軍政府は、食糧公団はダメ!株式会社なら認める!……という方針を頑なに貫いたのです。

 

このように『沖縄食糧』は、国家の食糧庁の性格を帯びた、他府県の株式会社ではちょっと考えられない独占企業として、よれよれのスタートを切ったのでした。

 

『沖縄食糧』はさっそく、コメの安定供給という命題に挑みました。

 

しかし、コメの長期大量確保は、予想をはるかに超えて困難でした。第2次世界大戦で、コメを生産する国々も痛手を受けていたからです。

 

当時、コメ輸出国のナンバー1は、タイでした。

 

『沖縄食糧』は、琉球農林省食糧局(米国統治下で全琉球列島を統括した沖縄住民側の中央政府である「琉球政府」より2年早く1950年に設置)とともに、タイへ懇願しました。

 

タイは、なかなか首を縦に振ってくれませんでした。とうとう契約はかなわず、竹内は「ここであきらめるものか!」「なんとしても!」と拳を握り直し、一縷の望みをビルマに見出しました。

 

ビルマへ飛んだ竹内は、1カ月以上も交渉を続け、首相に直訴して、やっと長期契約にこぎつけたのです。

 

こうして、ビルマ米が、戦後混乱期のウチナーンチュの飢えを救う大きな役割を果たすことになりました。

 

ビルマの首相に直訴までして3万トンのコメを買い付けた竹内には、こんなエピソードがあります。

 

1945年6月23日(沖縄戦の終結日とされる日)、竹内が最も敬愛していた比嘉栄真医師が自決。それを伝え聞いた竹内も自決を決意しました。

 

竹内がそれを告白したとき、夫人は、子供たちが遊んでいる姿を見つめながら、ポツリとつぶやいたそうです。

 

「みなし児に、なるわねぇ……」

 

その一言が、竹内のはやる気持ちを抑えました。そして、こう思い直すに至りました。

 

「いったん、わたしは死んだのだ。……あとの人生は、沖縄に恩返しをしよう」

 

そして、竹内は、「鉄の暴風」が吹き荒れた後の沖縄で奮闘し、経済復興に尽力したのでした。後に、琉球商工会議所の設立に参画し、会頭としても活躍しています。

 

『沖縄食糧』はその後、思わぬ試練を受けます。USCARから睨まれたのです。

 

当時のビルマは、どちらかといえば共産圏とみなされ、USCARは、その地域の物資を沖縄へ入れさせたくなかったのです。

 

しかも、50年代後半あたりからアメリカに余剰農産物が出て、USCARは、カリフォルニア米などを沖縄へ……と考えました。

 

それでも『沖縄食糧』は、ビルマ米の輸入を止めませんでした。自分たちが飢えに苦しみ、大いに困っているときに長期契約してくれた恩義があったからです。

 

すると、USCARは、沖縄のコメ市場の1社独占はまかりならん!……と、圧力を掛けてきました。

 

これで、『沖縄食糧』の1社独占時代が終わり、沖縄におけるコメ取扱指定業者は58年に3社、63年に5社になりました。

 

輸入先についても、日本と、明らかに共産圏である国々を除けば、ほぼ自由にコメを入れられるように緩和されました。ですから、先述したとおり、現在50歳以上のウチナーンチュは、スペイン米なども食べているのです。

 

ちなみに、63年になって、沖縄に出回るコメは、カリフォルニア米、オーストラリア米に落ち着きました。粘り気に乏しいインディカ米でなく、ジャポニカ米にほぼ替わったのもその頃でした。

 

その後、沖縄が日本へ復帰することが決まり、厳禁だった日本とのコメの取り引きが70年に始まりました。(初めて沖縄に日本の新米がどっと入荷したのは69年12月。正月用として特別に、半月分の3600トンの新米が九州から入りました)

 

いま、沖縄で食べられるコメは、とてもおいしいです。他府県と同様に、消費者が好みのコメを購入できるようになったからです。

 

その一方で、「ヤミ」が氾濫する戦後の混乱期にウチナーンチュが渇望するコメを求め、体を張って契約交渉を続けた竹内の胸の奥に秘めていた思いは、歳月という名の大河にどんどん流されているようです。

 

粘り気が足りなかったというビルマ米の味わいとともに。

 

(了=『シーズンⅠ・全10話』は今回で完結)

 

*『ビタミンO!kinawa』のシーズンⅠ(全10話)は、『沖縄発奮物語』です。薩摩侵入(慶長の役)、琉球処分、沖縄戦、27年間に及ぶ米軍統治時代などの「苦境」に立ち向かってきたウチナーンチュ(沖縄人)の志と底力をご紹介します。

 

*弊社ホームページは故障のため、写真データを掲載できなくなってしまいました。文字データのみの発信が当分続きます。しばらくお待ち下さい。 _(_^_)_

 

◆サイト内の文章・画像等は、すべて無断転載を禁じます。



関連記事

《豊見城旋風》の立役者をインタビュー

カテゴリー: お知らせ
投稿日:

第82回選抜高校野球大会(センバツ)が現在、甲子園球場を舞台に繰り広げられています。今大会は、沖縄県から史上初めて、興南高校と嘉手納高校の2校が出場しています。

 

その最中に、『会報・那覇法人会』が発行されました。その巻頭ページには、1975年(本土復帰3年後)の第47回センバツで《豊見城旋風》を巻き起こした豊見城高校野球部の主将・浜川太さんを私がインタビューした記事が載っています。

 

リードは、「連載インタビュー『沖縄を語ろう』の第4回ゲストは、1975年の第47回選抜高校野球大会で《豊見城旋風》を巻き起こした豊見城高校野球部の主将で、現在、沖縄県早朝野球協会会長を務めている浜川太さんです。嘉手納高校と興南高校が出場する今年のセンバツを前に、35年前の奮闘、甲子園大会の魅力、両出場校への期待、昔と今の球児たちの比較などを語ってもらいました」。

 

本記は下記の通りです。

 

 

鈴木 35年前のセンバツで、豊見城は大活躍をしました。初戦は、優勝候補の習志野。その強豪に、ノーマークのチームが3対0でシャットアウト勝ちしたのが〈豊見城旋風〉の始まりでした。続く日大山形戦も4対2で堂々と下し、準々決勝に駒を進めました。そこで待ち受けていたのは、原辰徳選手(現・巨人軍監督)ら好打者がずらりと並ぶ東海大相模。その試合で、豊見城は、9回裏の2死まで1対0で勝っていました。バッテリーは、投手が、後に巨人へ入団する赤嶺賢勇さん。そして捕手は、その日4打数2安打の4番打者・浜川さんでした。

 

浜川 3番打者の原辰徳選手を3球三振に仕留めて2死にしたとき、スタンドから響いてくるコールが「あと2人!」から「あと1人!」に替わったのを覚えています。ランナーがいませんでしたから、「勝った」と思いました。ところが、4番打者の津末英明選手(後に日本ハム‐巨人)が、1ストライク1ボールの後、インコースの真っ直ぐを1塁線へヒット。2塁へ猛然と滑り込んで2死2塁にし、結局、同点、逆転、1対2のサヨナラとなってしまいました。

 

鈴木 そのときの気分は?

 

浜川 そりゃあ悔しかったですけど、しょうがないな……という気分でベンチへ引き揚げました。センバツでしたからね。甲子園大会は「夏」こそ本番……という気分がありました。

 

(小見出し)
野球も人生も なめたほうが負け

 

鈴木 ところが、その「夏」の大会に、豊見城は出場できませんでした。

 

浜川 そうなんです。その「夏」で全国制覇したのは、なんと、豊見城がセンバツの1回戦で下した習志野でした。その習志野ナインは、センバツの組み合わせ抽選会で私が「4番」を引いたとき、「やったぁ!」と会場の一角で歓声をあげていました。甲子園球場へ向かう電車でたまたま鉢合わせしたときも、こちらを見る表情には余裕がありました。豊見城をなめていたんでしょう。こちらは発奮したものです。習志野は、センバツでの思わぬ敗戦で大いに反省し、「夏」の制覇へつなげました。ところが、「夏」では、豊見城のほうが、センバツのときの習志野をやってしまったのです。要するに、「ベスト8のチームだ!」とチヤホヤされているうちに天狗になり、相手チームをなめてかかるようになってしまったのです。実際、センバツ後の練習試合は連戦連勝で、負ける気がしませんでした。ところが、「夏」の予選の準決勝で、コザ高校に3対4で敗れてしまったのです。3年生が数人しかいないチームでしたが、発奮し、果敢に挑んできたのです。

 

鈴木 怖いですね。

 

浜川 続きがあります。卒業後、私は、本土で大学時代を過ごし、沖縄へ帰ってきました。そしたら、周りの人たちはチヤホヤしたことなんか忘れている。チヤホヤされたままなのは自分だけ。甲子園球児には、こんな落とし穴があるんです。野球を通じて、いろいろなことを学び、楽しいこともたくさんありましたが、「人生、なめたほうが負け」。これは、私の実感です。

 

(小見出し)
沖縄のチームが強いのは少子化の影響も?

 

鈴木 35年前の豊見城ナインは、後に〈沖水旋風〉も巻き起こす栽弘義監督が率いました。〈栽野球〉は、どこが新しかったのですか?

 

浜川 栽監督によって、中京大学野球部が目指していた「大胆細心」の精神が導入されました。「大胆」というのは、パワートレーニングです。沖縄の高校生は小柄なので、筋力を強化して補いました。「細心」というのは、よく考えて緻密な試合をすること。練習量は、どのチームと比べても負ける気がしませんでしたよ。招待試合もよくありましたので、他府県の実力も分かっていました。その結果、九州大会で県勢として初めてベスト4に残り、センバツ出場を果たしたのです(それまでのセンバツ出場は、いわば復帰特別措置)。栽監督からよく「いままでの沖縄のチームは甲子園へ行くのが目的だったが、おまえたちは甲子園で勝てるよ!」と励まされたものです。

 

鈴木 〈栽野球〉以降、「沖縄のチームは強い」と言われるようになりました。実際、今年のセンバツは、興南と嘉手納の2校が出場する快挙になりましたね。

 

浜川 たしかに指導者が充実し、練習環境も整いました。しかし、「沖縄のチームは強い」と言われる背景を冷静に見れば、少子化の影響もあると思います。他府県では、いろいろなスポーツが、少ない子供たちを取り合って、高校野球のレベルが下がっているんですよ。一方、沖縄は出生率が高いので、相対的に、レベルアップに映る側面があるんです。しかし、そんな沖縄でも、少年野球に参加する子供たちの数が年々減っています。将来が心配ですね。ところで、今年のセンバツに出場する両チームですが、かなり期待できると思います。興南は、選手たちが甲子園経験を積み、今回は期するところがあるのではないでしょうか。嘉手納は、選手たちが事実上、小中高一貫で硬式野球をし、全国大会で活躍してきました。両チームとも、大きな大会で場慣れしているのが強みです。

 

鈴木 いまの沖縄の高校球児たちを全般的に見渡して、どんな印象を持っていますか?

 

浜川 恵まれていますね。私たちの頃には部活の父母会なんてありませんでしたから。いまは、選手たちの送迎など、バックアップが至れり尽くせりです。指導面や、施設などの環境も、私たちから見れば「最高」です。ただ、気になるのは、ちょっと過保護ですね。過保護になりすぎて、子供たちが、自分の持っているものを出し切れていない部分があるような気がしますね。

 

鈴木 浜川さんにとって、甲子園大会の魅力は?

 

浜川 トーナメントで一発勝負ですから、失敗が許されません。「切符は1枚。負けたら終わり」。そこが魅力ですね。

 

【浜川太氏のプロフィール】
那覇市出身。豊見城高校卒業(第8期)。大阪商業大学卒業。浜川食品代表。沖縄県早朝野球協会会長。沖縄県早朝野球大会は、「家庭を持つと試合から遠ざかってしまう草野球ファンのためになんとか機会を!」という思いと、某タクシー運転手の「一度でいいから奥武山野球場で試合をしてみたい!」というひと言から企画。今年で19年目。参加チーム数は、平均50チーム(一番多い年で72チーム)。厳しい参加ルールのもと、3~5月までの毎週日曜日、奥武山野球場・瀬長島球場を会場に午前6時半(3月は7時)プレーボールで開催。

 

*那覇法人会HPは、下記をクリックしてご覧ください。

 

*弊社ホームページは故障のため、写真データを掲載できなくなってしまいました。文字データのみの発信が当分続きます。しばらくお待ち下さい。 _(_^_)_

 

◆サイト内の文章・画像等は、すべて無断転載を禁じます。
関連リンクはこちら >>> クリック!!



関連記事
    None Found

ジャーナリスト渡久地明氏がブログで

カテゴリー: お知らせ
投稿日:

沖縄観光の現状をユニークな視点で分析し、鋭い提言を重ねているジャーナリスト・渡久地明氏が、自身のブログ『渡久地明の時事解説~沖縄から世界を見る』で、わたしのHPを紹介してくれました。

 

2010年2月28日付のテーマは『観光の回復策』。「昨年12月に『会報・那覇法人会』のインタビューを受けたが、その全文がPDFでインタビュアーの鈴木孝史さんのHPに出ていた。雑談のつもりだったが、骨を拾いだし、最近のわたしの考えを簡潔にまとめてあって、おすすめ」と、書き出しています。

 

そして、次のような付記も。

 

「……なお、その記事中で、2010年の県の観光客目標は630万人に再チャレンジするのではないかと述べたが、県は、
(1)09年の目標だった630万人への再チャレンジ(09年度比10.5%増)
(2)既往ピーク08年度とほぼ同じ600万人(09年度比5.3%増)
(3)09年並みの570万人(09年度比プラスマイナスゼロ)
の3案を検討している。
2月9日に県が関連業界との意見交換会を開いたところ、600万人が大勢を占めた。さすがに09年より10%増の630万人は一人もいなかった。また、10年は一層景気が悪くなるとして現状の570万人を推す人もいた。決定は3月に入ってからとなる」

 

渡久地明さんのブログをご覧になりたい方は、下記の【関連リンクはこちら】をぜひ、クリックしてください。
沖縄観光ばかりでなく、米軍基地問題、景気回復策などについてオリジナリティー溢れる情報を提供してくれています。
沖縄在住のジャーナリストのブログでは、最もアクセス数が多いのではないでしょうか。

 

なお、渡久地さんを取材したわたしの記事は、左の「プロフィール」をクリックしてください。
「◆インタビュー記事の執筆(インタビュアー)」の部分に、「入域観光客数の回復は積極財政政策にかかっている」という見出しのPDFが貼り付けてあります。
関連リンクはこちら >>> クリック!!



関連記事
    None Found
3 / 10212345...102030...最後 »