知られざる「普天間移設」の《腹案》

カテゴリー: フレモニ・ネタ(~07年4月5日)…終了
投稿日:

さて……。

 

名護市辺野古崎にV字形に滑走路2本を造る防衛庁の修正案に、名護市が《サプライズ》の合意をしたわけですが、その後の中央紙は、水面下で動いていた、普天間飛行場移設をめぐる《腹案》を〈浮上〉させています。

 

まず、《頭越し》に合意を見せつけられた沖縄県の《腹案》です。『朝日新聞』(06年4月9日付)によりますと……(要約)。

 

 

……昨年、辺野古崎案が決まってから、県庁内で打開をはかる「腹案」も練られてきた。その一つが辺野古崎の陸上部分に、ヘリだけが離着陸する「ヘリパッド」を造り、暫定的に普天間のヘリ部隊を移す案。普天間周辺の危険性を除き、騒音や危険性も減らすことができる。もし、ヘリパッドだけにとどめることができれば、施設は格段に小さくなる。
12月で任期切れとなる稲嶺氏自身は進退に一切触れていないが、秋の知事選で稲嶺氏か後継候補がこの案を公約に掲げ、勝てば沖縄の「民意」として確定できる――。県幹部の描くシナリオだ。だが、政府と名護市の修正合意に県は……。

 

 

次は、防衛庁の《腹案》です。

 

合意をみた『2本滑走路案』がデビューする前、滑走路を反時計回りに10度傾ける《修正案》が大きく報道されました。

 

ところが、その後に、『毎日新聞』(同日付)によりますと、なんと、20度傾ける案……も模索していたのでした。(要約)

 

 

……そのため、水面下の交渉で浮上したのが滑走路を20度傾け、南西の飛行ルートを海に出す案。これだと逆に北東方向の「カヌチャリゾート」(記事には実名が載っていましたが放送では伏せました)の真上を通ることに。防衛庁側はリゾート運営会社に接触、「経営を国や名護市と一緒にやる第三セクター方式にしてはどうか」と事実上の買い取りを提案した。運営会社側は前向きな姿勢を示したが、名護市が「陸地の上を飛ぶのは容認できない」と拒否し、「幻の案」に。

 

 

ちなみに、この『毎日新聞』の記事は、『2本滑走路案』というアイデアが生まれた経緯を次のように記しています。

 

 

(額賀防衛庁長官は)防衛施設庁の歓声談合事件の対応に疲れ、眠りについた前夜、シュワブ沿岸部に2本の滑走路が描かれた地図が頭をよぎり、飛び起きたという。

 

 

今後の普天間移設問題は、埋め立て権限を持つ稲嶺知事の決断が焦点です。秋の県知事選の行方を踏まえての決断になることでしょう。

 

*06年4月10日のラジオ沖縄「フレッシュモーニング」で放送。

 

*写真は、カヌチャリゾートから撮影したキャンプシュワブ。クリックすると拡大します。



関連記事
    None Found